介護食で高齢者の健康維持・摂取するべき主なミネラル類とは?

介護食で大切なのは栄養バランスです。
ミネラルはどのような働きを体に及ぼしているのでしょうか?
たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並んで5大栄養素の1つでもあるミネラルは、実は体の一部でもあります。
人間の体を元素まで分解すると炭素と水素、酸素を窒素の4つで全体のおよそ96%が出来ています。
ミネラルはこの4%にあたる元素の総称で、体の重要な構成成分の1つになっているようですね。

ミネラルは介護食でも是非摂り入れておきたい食材です。
足りなくなると貧血、生活習慣病や精神不安など、生活に支障が出てくるのです。
では介護食で摂りいれたいミネラルとは一体どんなものがあるのでしょうか。
まず海藻類があります。
海藻類はミネラルの宝庫とも呼んで良いでしょう。
健康を維持するために必要なミネラルのほぼ全てが、含まれているのが海藻です。
必須ミネラルのナトリウムやカルシウム、マグネシウムやリンの他にも、鉄や亜鉛、銅やマンガン、コバルトやセレンと言った微量必須ミネラルまでをも含みます。
その他モリブデンやヨウ素、カリウムやクロム、イオウなども含みます。

介護食で海藻を摂りいれようと思うのなら、昆布やワカメなどぬめぬめ成分のあるものが適しています。
きざんでもぬめりがあるので飲みこみやすく、それだけでも美味しく食べることが出来るでしょう。

さらにキノコやホウレン草、納豆や魚介類、穀物類などにもミネラルは豊富に含まれます。
キノコなどは繊維質が多いので、介護食にするためには刻んだりペースト状にする必要がありますね。
団子状にして汁物の中に入れてしまうのも手です。
納豆はねばねばしているのでお粥と一緒に食べることが出来ます。
魚介類には亜鉛やクロム、セレンを含んだ食材で、クロムは炭水化物の代謝を促し、筋肉内のグリコーゲンとして蓄えられます。
いざという時に体を動かす力がありますから、寝たきりにならないためにも魚介類をメインに介護食に勧んで出すのがお勧めでしょう。
また免疫力をあげ、健康な体を維持するのにセレンは必要です。
免疫機能をあげるので、風邪やその後の肺炎に繋がる可能性も少なくなりますので、是非とも摂りいれたい一品です。
魚介類は高齢者が好んで食べる介護食の1つですから是非工夫して、毎食出すように努力してみましょう。

納豆は必須アミノ酸をバランスよく含んだ食品なので、お粥に納豆を入れた介護食も適しています。
ネバネバ食品なので、介護食としても食べやすいかと思われますね。
脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化などの予防にも効果を期待することが可能です。

また、ミネラルの中にはカルシウムも分類されていますが、カルシウムが少なくなると骨粗しょう症になる可能性が高くなります。
骨や歯の原料となるため、不足すると骨密度の低下や内出血を起こしやすくなります。
そのためカルシウム豊富な牛乳などをおやつなどでゼリー状にして出すのも良いでしょう。
鉄分不足になると貧血や免疫機能が低下しますから、鉄分もしっかり摂りたいところです。
マグネシウムは骨の形成を助けてくれ、不足すると筋肉がけいれんを起こしたり、筋肉の緊張が低下するということもあります。

特にカルシウムはミネラルの中でも不足しやすいものの1つです。
高齢者は骨ももろくなっていることもありますから、特別に配慮してあげる必要がありますね。
介護食にもミルク粥などにするなど、牛乳や、おやつにヨーグルトを出すなど、カルシウム不足にならないように注意を払っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です